サイト総合案内:サイトマップ、専門サイト:行政書士山本直哉事務内容証明

離婚相談・離婚協議書作成部門離婚入門講座弁護士の選び方








  裁判離婚や紛争になる可能性の高い離婚協議においては弁護士は不可欠です。
  弁護士の選び方も裁判離婚おいては大変重要です。
  ではどうやって弁護士を選べばよいのでしょうか?




  弁護士の選び方として、大変重要だと考えるのが「人的つながり」です。
  友人や親戚に弁護士がいる場合は、その人に依頼することをお勧めします。
  弁護士は、一般に人的つながりを重要視します。
  まったく面識も紹介もない「とびこみの依頼者」の依頼は断る法律事務所もあります。
  もし友人・親戚の弁護士が離婚を専門としていなくてもその弁護士にご相談してください。
  弁護士は横のつながりもあります。
  きっと離婚専門の弁護士を紹介してくれるはずです。
  友人・親戚に弁護士がいる場合は、その人に必ず一度相談することをお勧めします。
  
  


  友人・親戚に弁護士がいない場合には、地元弁護士会に電話をして弁護士を紹介してもらうという
  方法がございます。
  残念なことに悪徳弁護士というのは実際に存在します。
  法律の世界は狭いということもあり、同業として首をひねる弁護士に対する情報は共有している場合
  が多いようです。弁護士会で紹介してもらえば、問題のある弁護士は省いてくれるでしょうから、悪い
  弁護士に依頼する可能性は大幅に減ります。
  ネットで弁護士会のホームページを検索して、お問い合わせをしてみてください。
  最近は「法テラス」を利用される方が多くいらっしゃいます。
  公的機関ですので安心してご相談できます。
  


  弁護士とのトラブルを防止するために注意する点はやはり報酬の点です。
  性質上弁護士の報酬は、一律いくらというわけにはいきません。
  また現在は法律が改正されて報酬基準というものがございません。
  そこで報酬に対する疑問点などはちゃんと質問した方がよいと思います。
  また法律の世界はゆっくりとスケジュールが進んでいきます。
  裁判などでは「半年」「一年」という期間は普通にかかります。
  処理にかかる時間やスケジュールなども聞いておいた方がいいかと思います。
  
  


  弁護士に高い報酬を払えば問題が解決することが当たり前で、解決しないのは弁護士の怠慢か能力
  がないからだと考える方がときどきいらっしゃいます。
  離婚問題は、多分に感情論になっている点も多く、純粋に理論では解決できない場合もあります。
  夫婦関係を取り戻したいために弁護士に依頼したとしても、相手にその気がないのであれば不可能
  です。離れてしまった相手の気持ちを取り戻すことなどは誰にもできません。
  この点は離婚問題特有の問題だと思います。ご注意ください。
  


離婚相談・離婚協議書作成部門プロフィール離婚業務の報酬体系離婚統計情報離婚相談の目次ページ離婚リンク集
ご意見・ご感想サイトマップ|事務所関連サイト|介護タクシー行政書士山本直哉事務所