サイト総合案内:サイトマップ、専門サイト:行政書士山本直哉事務内容証明

離婚相談・離婚協議書作成部門法定離婚原因

離婚原因には、任意の協議離婚と法定の法定離婚がありますが、ここでは法定離婚を取扱い致します。
法定離婚原因(第770条)    <注意>具体例は各項目をクリックして下さい。裁判例を掲載しております。
1項 夫婦の一方は、左の場合に限り、離婚の訴を提起することができる。
  1号 配偶者に不貞な行為があつたとき
  3号 配偶者の生死が3年以上明かでないとき
  4号 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込がないとき
  5号 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき
2項 裁判所は、前項第1号乃至第4号の事由があるときでも、
    一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却することができる。
3項 第771条 第766条乃至第769条の規定は、裁判上の離婚にこれを準用する
簡易解説
上記の各種離婚原因は裁判離婚の場合の離婚成立要件です。
ですので協議離婚する場合は、上記のような離婚原因がなくとも当然に離婚できます。
ところで皆さんがよく間違われるのが、770条2項の存在です。
つまり裁判離婚では、上記離婚原因が夫婦間にあっても、必ず離婚が成立するわけではないのです。
この点はご注意下さい。なお各項目の説明は、クリックして頂ければ記載しております。


離婚相談・離婚協議書作成部門プロフィール離婚業務の報酬体系離婚統計情報離婚相談の目次ページ離婚リンク集
ご意見・ご感想サイトマップ|事務所関連サイト|介護タクシー行政書士山本直哉事務所