サイト総合案内:サイトマップ、専門サイト:行政書士山本直哉事務内容証明

離婚相談・離婚協議書作成部門離婚協議書説明離婚協議書に関する素朴な10の疑問




離婚協議書に関する10の疑問を取り上げました。
これらは皆様が疑問に思われて質問をされることを中心に作成致しました。
ご参考にして頂ければ幸いでございます。


離婚協議書に対する質問事項
解答
解答の説明
疑問1、離婚協議書は必ず作成しなければいけません
か?
いいえ
法律上、親権の所在について決定しないと離婚はできませんが、慰謝料・財産分与
などについて定めなくても離婚はできます。離婚協議書作成は義務ではありませ
ん。
疑問2、離婚協議書用紙というものは役所にあります
か?
いいえ
離婚協議書は、当事者間で任意に作成する契約書ですから、その書式も自由です
し、内容も特別に決まっているわけではありません。
疑問3、離婚条件は口約束と離婚協議書で効力は違う
のですか?
いいえ
法律上は、文書・口頭でも差異はありません。どちらも有効です。ただ文書にすること
を強くお勧めします。
疑問4、離婚協議書を文書したほうがいいのですか? はい
口頭ですと、言った言わないの水掛論になることが多く、口頭の約束を証明すること
はほとんど不可能と言えるでしょう。ですから書面にすることをお勧めします。
疑問5、離婚協議書を文書にする際の注意点はありま
すか?
はい。
公正証書にして、執行認諾条項を入れることです。
そうれば裁判せずとも強制執行がかけられ、合意条項が厚く保護されます。
疑問6、離婚協議書の内容は後で変更できますか? 原則はい
例えば養育費などについて、離婚協議書作成時と状況がかわった場合などには、裁
判所に調停申立てなどをすることができます。
疑問7、離婚する前に離婚協議書は作成しなければい
けませんか?
原則はい
通常は、離婚前に作成することを強くお勧め致します。
ですが、協議書を作成せずに、離婚した場合、離婚後に書類作成することもできま
す。
疑問8、離婚協議書作成は専門家に依頼しなければい
けませんか?
原則いいえ
基本的には離婚協議書は両者間で作成可能です。
しかし後に紛争などを予防したいのであれば専門家に依頼した方がいいでしょう。
疑問9、一方的に離婚協議書を作成された場合はどう
すれば?
相談が必要
離婚協議書は場合によっては、慰謝料請求権放棄条項も加わっている場合があり、
相手方の条件を鵜呑みすることは避けた方がいいと思います。
疑問10、離婚条件について協議が整わないときは? 家裁調停利用
通常は家庭裁判所を利用します。ただ双方弁護士をたてて合意することも可能で
す。

ページの先頭へ


離婚相談・離婚協議書作成部門プロフィール離婚業務の報酬体系離婚統計情報離婚相談の目次ページ離婚リンク集
ご意見・ご感想サイトマップ|事務所関連サイト|介護タクシー行政書士山本直哉事務所