サイト総合案内:サイトマップ、専門サイト:行政書士山本直哉事務内容証明

離婚相談・離婚協議書作成部門離婚相談の目次ページ夫婦間暴力型〜離婚相談再現





「・・・・・・。」

「・・・・・。奥様今回のご相談のご趣旨をお聞かせ願えますか」

「はい。・・・・・」

「奥様。行政書士には守秘義務が法律上課せられております。ご信頼いただけないでしょうか・・・」

「夫のことなのですが。最近とても感情の起伏が激しいのです・・・・。それに私がついていけなくて、どうしたらいいのかわからなくて・・・・。」

「そうですか。心身共にかなりお疲れになっているご様子ですね。失礼ですが、旦那様と結婚されて何年目でしょうか?」

「ちょうど10年になります。」

「お子様はいらっしゃいますか?」

「はい。小学2年生の息子がいます。」

「・・・・・・。そうですか。結婚して10年目ですか。そうしますと旦那様の態度が結婚当初と変わったと考えてよいのでしょうか?」

「はい。昔はあんな性格ではなかったんです。」

「きっかけは何だったのでしょう?」

「勤め先が変わってから、だんだん人が変わったようになってしまったのです。」

「そうしますと、浮気などですか?」

「いいえ。あの人はまじめだから浮気ではないと思います。仕事の悩みだと思います。」

「旦那さまは奥様に悩みを打ち明けたりはしないのですか?」

「はい。今まで順調な人生を歩んできたせいか、悩みを打ち明けること自体が敗北と思うらしく何も相談しません。」

「旦那さまに友人とかはいらっしゃらないのですか?例えば家に招待するような友人とか?」

「いえ。いることはいるのですが、夫は人に相談するようなタイプではないのです。」

「そうしますと、旦那様は1人で悩みを抱えて苦しんでらっしゃるのですね。」

「はい。夫に話しかけるのですが、夫は激しく私に怒りをぶつけるのです・・・・・・」

「・・・・・。言葉だけでないと考えてよろしいでしょうか?」

「・・・・。はい。」

「そうですか。旦那さまは暴力をふるうようになったのですね。」

「はい。」

「お子様に対しては旦那さまは暴力はふるいますか。」

「いいえ。私だけです。」
.
「奥様は旦那さまに、今の職場を辞めることやカウンセリングなどを受けることなどを勧めたりしたのでしょう?」

「はい。でもいつになく暴れました。」

「そうですか。旦那さまのご実家には相談なされたのですか?」

「はい。でも私が妻として夫を支えないのが原因だと言って取り合ってもらえません。」

「そうですか。単刀直入にお聞きしますが、離婚を検討されていますか?」

「わかりません。」

「奥様ご自身の周辺の方はどう言っていますか?」

「別れろとみんな言います。」

「それでも離婚する意思が固まらないのは、お子さまのためですか、それともご主人のためですか」

「両方かも知れません。」

「旦那さまに怯えて暮らしていらっしゃいますよね?」

「はい・・・」

「一度旦那さまと距離をとって、今後のことについて考えてみてはいかがでしょうか。奥様のご実家や、友人の家、このケースですと公的機関に救済を求めることもできそうです。」

「・・・・・・」

当職による離婚相談をご希望の方は、右記をクリックして下さい。          婚相談業務ご紹介

ページの先頭へ


離婚相談・離婚協議書作成部門プロフィール離婚業務の報酬体系離婚統計情報離婚相談の目次ページ離婚リンク集
ご意見・ご感想サイトマップ|事務所関連サイト|介護タクシー行政書士山本直哉事務所