サイト総合案内:サイトマップ、専門サイト:行政書士山本直哉事務内容証明

離婚相談・離婚協議書作成部門離婚相談の目次ページ円満離婚型〜離婚相談再現





「今回は、どういったご相談でしょう」

「はい。実は夫と離婚することが決まりました。」

「ということは、お互いに離婚合意に至ったわけですね」

「はい」

「ではどのようなご相談なのでしょうか?」

「離婚条件についてお話を伺いたいと考えています。」

「わかりました。離婚条件について、特に問題になるような点を言及しましょう。」

「お願い致します。」

「まず子供さんはいらっしゃいますか」

「いいえ。」

「そうですか。次に財産関係ですが」

「ほとんど財産はありません。ですから財産の請求は・・・。」

「そうですか。しかし取り決めておいた方がいいと思います。」

「先生慰謝料は?」

「慰謝料ですか・・・。慰謝料とは基本的に漢字からもおわかりになると思いますが謝罪し慰めとするお金です。ですから両者に謝罪するような例えば浮気などなければ請求しにくいと思います。ただ慰謝料は財産分与などを含めて請求する場合もあり、両者は区別しにくいのが現状です。」

「そうすると私達夫婦は一切のお金の受け渡しはないということですか?」

「いいえ、すぐそういうことにはなりません。基本的にすべて家事も何もかも両者折半ということはないでしょうから、・・・・・・。ご夫婦の合意次第だと思います。婚姻歴も関係致しますし」

「でも金銭の授受もなく、さっぱり別れるのもいいかもしれませんね」

「奥様がそのようにおっしゃいますなら、私が何も申し上げることはありません。両者の合意を文書にすることが行政書士の仕事です。」

「先生お互いに、何の貸し借りもなく別れるということを文書にして頂けませんか?」

「はい。それは法的には可能です。一般にはその様式をつくることは後に問題をもたらすことが多いのですが・・・・。その場合の被害者となるのは通常は女性の方です。しかしこの場合は奥様がそうおっしゃるなら作成は致します。ただ逆に旦那さまが金銭的請求をする場合も当然認められますのでこの点は旦那さまの合意が必要です。」

「あの人が私に金銭請求をするとは思えませんが・・・。綺麗さっぱり新しい人生を歩みたいので、その点について話してみたいと思います。そして二人で先生の所に参ります。」

「はい。そのときはもう一度作成文書内容について両者の意思の確認をしまして、書類作成させて頂きたいと思います。」

当職による離婚相談をご希望の方は、右記をクリックして下さい。          婚相談業務ご紹介

ページの先頭へ


離婚相談・離婚協議書作成部門プロフィール離婚業務の報酬体系離婚統計情報離婚相談の目次ページ離婚リンク集
ご意見・ご感想サイトマップ|事務所関連サイト|介護タクシー行政書士山本直哉事務所