サイト総合案内:サイトマップ、専門サイト:行政書士山本直哉事務内容証明

離婚相談・離婚協議書作成部門離婚相談の目次ページ離婚協議書作成相談型〜離婚相談再現





「今回は離婚の話し合いが決まりましたので、将来もめないようにしたくてこうして二人で参りました。」

「わかりました。離婚協議書の作成をさせて頂きます。書類作成にあたり質問をさせて頂きますのでよろしくお願い致します。」

「はい。」

「まずお子様ですが、お子様は・・・」

「子供は二人います。」

「そうですか。親権と養育費については決定されましたか?」

「子供の親権は、母親の私が。養育費については金額が決まってないのですが、法律についてわからないので先生に決めていただこうと思ったのですが」

「申し訳ありません。養育費の請求額について決めることは、行政書士はおろか弁護士にもできません。
ご夫婦同士で決定して頂くしかないのです。それで折り合いがつかなければ、双方弁護士をたてたりするかもしくは裁判所の調停を申し立てるするしかありません。」

「法律で額が決まっているのではないのですか?」

「はい。理論上は上限も下限もありません。」

「でも相場とかあるんですよね?」

「相場ですか。国が資料として統計資料を提示しております。それを私がお二人にご紹介することは出来ます。しかし決してその通りにする必要はありません。両者の話し合いで決めて頂くしかないのです。法律上、行政書士が、紛争に参加することは許されないのです。」

「わかりました。では相場を教えて下さい。」

「はい。司法統計によれば月額平均4万円前後です。お子様が二人いると単純計算して8万円となるように思うでしょうが、実際は6万前後一番多いようです。」

「そんなに安いのですか?」

「統計上はこのようになっております。」

「6万なんかじゃやっていけないわよ。10万にしない?」

「待ってくれよ。お前だって働くんだろう。パートで10万は稼げるだろう?そうしたら16万じゃないか?」

「何言っているのよ。学費とかどうするのよ。自分の子供が可愛くないの?最低限の教育しか受けさせないつもり?この額では、塾代だってでないじゃない」

「そういうなよ。お前だって俺の給料知っているだろう。慰謝料だって請求するんだろう。そしたら俺が暮らして行けないよ」

「浮気したのが悪いのよ。」

「そういうなよ。それにまだ子供達だって受験じゃないだろう。受験になったら考えればいいじゃないか」

「先生。この養育費っていうのは、後で変えられるのですか?」

「はい。それはお二人の話合いで可能です。またそのように協議書を作成することもできます。話合いで解決できないない場合は、裁判所に養育費の増減の調停制度がございます。」

「なあ今は、6万してくれよ。相場なんだし」

「8万は譲れないわ。」

「でももめると裁判になるんだろう。7万で手をうってくれよ。頼むよ」

「先生。」

「はい。」

「ちゃんと養育費を払ってくれるような方法はありますか。いまいち信用できないんです」

「公正証書にするという方法はあります。これは非常に強い効力を持った書面で、裁判した場合と同様の効果をもたらす書面です。ただこれもご両者同意しないとできません」

「なあ信用してくれよ。」

「浮気した時点で信用なんかないわ」

「その文書にするなら、とりあえず7万でいいわ。ずっとこの生活が続く方が嫌だから」

「わかった。」

「先生書類作成の方をお願い致します。」

「はい、それでは他にも質問が・・・・。」

当職による離婚相談をご希望の方は、右記をクリックして下さい。          婚相談業務ご紹介

ページの先頭へ


離婚相談・離婚協議書作成部門プロフィール離婚業務の報酬体系離婚統計情報離婚相談の目次ページ離婚リンク集
ご意見・ご感想サイトマップ|事務所関連サイト|介護タクシー行政書士山本直哉事務所