サイト総合案内:サイトマップ、専門サイト:行政書士山本直哉事務内容証明

離婚相談・離婚協議書作成部門離婚相談の目次ページ離婚の影響心配型〜離婚相談再現




「今日は離婚するとどうなるか教えて頂きたくて相談に参りました」

「ご相談のご趣旨はわかりました。まずはお名前の話ですね」

「名前なんですが・・・。結婚前の名前に戻るのですよね。」

「はい。原則的にはそうなります。しかし例えば婚姻生活が長く社会的に旧姓より現在の苗字を使いたい場合は、一定の手続きをとれば離婚しても現在の苗字を使うことはできます。」

「そうなんですか。でも私は元の自分の苗字を使いたいです。」

「では次に相続のお話を致しましょう。その上で質問をさせて頂きたいのですがお子様はいらっしゃいますか?」

「いいえ。いません。」

「離婚をすると、法律上奥様は配偶者でなくなります。そうしますと旦那さまとの身分関係が消滅します。例えば相続権は消滅します。」

「夫の財産が私のものになる可能性がなくなるということですか?」

「はい。その通りです。お子様がいれば、そのお子様は両親が離婚しようと相続権はあります。古い言い方で申し訳ないのですが、血のつながりは消えないのです。」

「そうですか。」

「さらにいいますと、離婚すると扶養義務も消滅します。簡単にいうと生活費をはらってもらえないということです。お子様がいればお子様は別なんですが」

「それは大丈夫です。私も働いていますから。離婚に際して私が夫からもらえる金銭について教えて欲しいのですが」

「わかりました。まず離婚原因によって異なってきます。離婚の主たる原因が旦那さまにある場合は、慰謝料請求をすることができます。」

「特にそういったものでなく、お互いの同意なんですが・・・」

「そうですか。そうしますと慰謝料請求は厳しいかもしれません。もちろん確定しているわけではありませんが。」

「そうするとお金は・・・」

「いいえ。財産分与があります。」

「財産分与ですか」

「はい。これは夫婦の築きあげた共有財産を離婚に際して清算するということを主たる目的とする制度です。」

「でも車も銀行口座の預金も全て夫の名義になっています。私も働いていましたので、給料の振込先の銀行口座は私名義ですが・・・・」

「そうですか・・・。失礼ですが家事の分担はどうなっていましたか?また奥様は結婚してからずっと働いていましたか?」

「ええ。働いていました。家事は夫は良くやってくれた方だと思いますがそうですね。やはり女性である私の方が7対3の割合で家事をしていました」

「わかりました。家事負担の割合が全く平等で、生活費負担も平等であるならば話は別ですが、夫婦の資産形成は、奥様の家事負担があればこそと考えることができます。ですから全く財産分与が認められないということはないと考えます。ただ奥様が働いている点などを考えると財産分与の額は統計資料より額が少なくなる可能性は高いと考えられます。例え旦那さま名義であっても奥様の持分は存在している以上は、奥様と旦那さまの共有財産と考えられます。」

「ではお金をもらえる可能性はあるんですね。」

「はい。旦那さまともう一度話し合ってみて下さい。それで両者からのご依頼があれば離婚協議書を作成いたします。」

「わかりました。」

当職による離婚相談をご希望の方は、右記をクリックして下さい。          婚相談業務ご紹介

ページの先頭へ


離婚相談・離婚協議書作成部門プロフィール離婚業務の報酬体系離婚統計情報離婚相談の目次ページ離婚リンク集
ご意見・ご感想サイトマップ|事務所関連サイト|介護タクシー行政書士山本直哉事務所