サイト総合案内:サイトマップ、専門サイト:行政書士山本直哉事務内容証明

離婚相談・離婚協議書作成部門離婚相談の目次ページ別人再婚型〜離婚相談再現





「この度は、お忙しいところご相談にのっていただきましてありがとうございます。」

「こちらこそよろしくお願いいたします。早速ですがご相談のご趣旨をお聞かせ下さい。」

「はい。えーと私実はこの度再婚をしようと思っているのですが・・・」

「はい。何か問題があるのでしょうか?」

「私には別れた妻との間に子供がいるのですが・・・・。また今度の再婚相手にも子供がいるのです。」

「お二人ともお子様がいるのですね。」

「はい。それで今後はどうしたらいいのかと思いまして・・・」

「それでは質問をさせてください。それぞれのお子様の親権・監護権はどなたがお持ちなのでしょうか?」

「私の子供は別れた妻が、再婚相手の子供は再婚相手がもっております。」

「そうですか。いずれも母親が親権をもっているのですね。」

「はい。それで再婚したらどうなるかなと思いまして・・・。」

「結論からいうと現状のままです。再婚したからと言って親権が自動的に変更されることはありません。」

「再婚相手の子供と私の関係はどうなるのでしょう?」

「はい。よく勘違いをなされているの方が多いのですが、再婚相手の連れ子は再婚した相手とは何の法的関係も生じません。簡単にいうと一般的には「新しいお父さん」であっても、法的には「他人」なのです。」

「そうなんですか・・・。」

「はい。ですから相続権などは生じません。付け加えますと別れた奥様の引き取ったお子様との関係は別の女性と再婚したからといって関係が途絶えるわけではありません。ですから養育費の支払い義務などは存続します。」

「はい。それは。」

「ところで、ご自身のお子様と今どのような関係でいらっしゃいますか?」

「運動会などイベントに参加する程度です。」

「そうですか。子供に会う権利いわゆる面接交渉権については離婚の際に取り決めはしなかったのでしょうか?」

「ええ。」

「今もご主人様はお子様のことを愛していらっしゃるのですね。」

「はい。」

「もし再婚がなされた為に別れた奥様が子供に合わせないと伝えてきたらどうしますか?」

「それは困ります。私の子供ですし、再婚しようがなにしようが私の大切な子供です。」

「そうですよね。再婚に際して一度別れた奥様ときちんと話し合うべきだと思います。できればお子様に関することを書面などにしておいた方がよいと思います。さらに話が決裂したら面接交渉の調停という裁判所を利用する方法もあります。」

「わかりました。それだけは譲れませんので・・・」

「あとは確認なのですが、再婚相手の方は離婚されてから半年は経過していますか?」

「はい。」

「でしたら再婚について法的に問題はありません。」

「先生再婚相手の子供を自分の子供にする方法なんですが・・・・。」

「はい。養子制度があります。養子にすれば法的にも自分の子供になります。ただ問題点もあるのですが・・・。」

当職による離婚相談をご希望の方は、右記をクリックして下さい。          婚相談業務ご紹介

ページの先頭へ


離婚相談・離婚協議書作成部門プロフィール離婚業務の報酬体系離婚統計情報離婚相談の目次ページ離婚リンク集
ご意見・ご感想サイトマップ|事務所関連サイト|介護タクシー行政書士山本直哉事務所