サイト総合案内:サイトマップ、専門サイト:行政書士山本直哉事務内容証明

離婚相談・離婚協議書作成部門離婚入門講座離婚協議書案のススメ





離婚協議案について質問回答方式でご説明いたします。
参考にして頂けましたら幸いでございます。

離婚協議案のご依頼は、離婚協議書案の報酬体系・報酬説明から承っております。


ご依頼についてのご質問

質問 離婚協議案とは何ですか?
質問 メリットは何ですか?
質問 離婚協議案に全面的に反対した場合はどうなるのでしょうか?
質問 離婚協議案の書類作成はしてもらえますか?
質問 離婚協議案が修正された場合はどうなるのですか?


ご質問に対する回答です。

質問 離婚協議案とは何ですか?
ご回答 離婚に際して、夫婦の一方が離婚条件を書面化した離婚協議の提案です。
質問 メリットは何ですか?
ご回答 メリットは、書面化することにより主張が明確になる点です。
離婚に対しての条件を、相手に対して正しく伝達することができます。
話し合いができない夫婦、一方的な交渉になりそうな夫婦には書面化は有効にはたらく場合がございます。
また一般に離婚協議案を基準としながら当事者で離婚条件が話し合われることが多いという傾向があります。
つまり協議案の内容を中心として話し合われる点も大きなメリットだと考えます。
質問 離婚協議案に全面的に反対した場合はどうなるのでしょうか?
ご回答 部分的な反対などは変更をすれば問題ありません(慰謝料金額の修正など)。
しかし全く何の話し合いの余地がないとなりこの場合離婚調停の手続きに移行することになります。
質問 協議案の書類作成はしてもらえますか?
ご回答 責任をもって書類作成させていただきます。
報酬は、離婚協議書作成と同様の起案が必要になりますので離婚協議書作成と同額になります。
質問 離婚協議案が修正された場合はどうなるのですか?
ご回答 修正という形でも離婚にういて合意がなされればそれをもとに離婚協議書を作成します。
余程の修正がない限りは、追加報酬は発生しません。     



離婚相談・離婚協議書作成部門プロフィール離婚業務の報酬体系離婚統計情報離婚相談の目次ページ離婚リンク集
ご意見・ご感想サイトマップ|事務所関連サイト|介護タクシー行政書士山本直哉事務所