サイト総合案内:サイトマップ、専門サイト:行政書士山本直哉事務内容証明

離婚相談・離婚協議書作成部門離婚入門講座離婚の種類








  離婚の種類は、大きく分けると2種類に分類することができます。
  夫婦の話し合いでなされる協議離婚(任意離婚)と法律によって定められている法定離婚です。
  法定離婚は、調停離婚や裁判離婚等があり、一般的には「離婚裁判」と言われています。
  法律上、行政書士が関与できるのは、協議離婚のみでございます。
  しかし現状は日本の離婚の9割が協議離婚であることを考えると、行政書士の果たす役割は
  決して小さなものではないと思います。
  次に協議離婚と裁判離婚のメリットとデメリットをご説明いたします。




  協議離婚のメリットは、当事者だけの話し合いで離婚が成立しますので簡単に離婚ができる点です。
  また裁判になりませんので、弁護士費用や裁判費用も不要ですので金銭的負担もありません。
  以上の二つの点が代表的メリットです。
  つまり「時間とお金の節約」になるという点がメリットです。
  デメリットとしては、財産分与などの離婚条件があいまいになり後に紛争になることがあります。
  離婚届に判を押して、提出すれば離婚が成立してしまうために、離婚条件を決定しないご夫婦がい
  らっしゃいます。そうしますと後から訴訟などになる可能性があります。
  つまり協議離婚のデメリットは、「後に裁判になる可能性がある」という点がデメリットです。

  


  協議離婚のデメリットである裁判の可能性を防ぐために有効な方法はあるでしょうか?
  この問題点を解決できるのが、「離婚協議書」です。
  離婚協議書は、離婚条件に対する合意になりますので、当然当事者はその合意に拘束されます。
  これにより後に裁判になる可能性が大きく減少します。
  つまり「離婚協議書」は、協議離婚のデメリットを克服できるです。
  



  裁判離婚は、弁護士が代理人として、また第三者として裁判官が離婚に関与します。
  これによって、夫婦に一方的に不利になる離婚というものは成立しにくくなります。
  つまり裁判離婚のメリットは、適正な離婚がなされる可能性が高いという点がメリットです。
  一方デメリットですが、裁判となると弁護士費用と裁判費用がかかります。
  通常は50万くらいから100万くらいかかると言われます。
  実際にそれよりも皆さんが負担に感じられる点が時間です。
  通常裁判離婚となると、調停も含めますと1年くらいかかります。
  つまり「時間と費用がかかる」という点が裁判離婚のデメリットです。



  協議離婚と裁判離婚のどちらがよいのでしょうか?
  話し合いで解決できそうであれば、協議離婚が最適だと思います。
  その際離婚条件はきっちりと話し合い、合意をして、離婚協議書を作成することが必要です。
  ご夫婦の財産が多額の場合、相手と話し合いができない場合には、弁護士を依頼した方が
  無難だと思います。その上で裁判離婚になっていくかと思います。
  つまり「話し合いができそうな場合には協議離婚、もめそうな場合には弁護士に依頼して裁判離婚」
  というのが最善の方法と考えます。  

次のスッテップへ
ではそもそも現在離婚できるかどうかを見てみましょう離婚原因



離婚相談・離婚協議書作成部門プロフィール離婚業務の報酬体系離婚統計情報離婚相談の目次ページ離婚リンク集
ご意見・ご感想サイトマップ|事務所関連サイト|介護タクシー行政書士山本直哉事務所