サイト総合案内:サイトマップ、専門サイト:行政書士山本直哉事務内容証明

離婚相談・離婚協議書作成部門熟年離婚対策〜離婚相談から離婚協議書まで






  熟年離婚におけるよく問題となるポイントを簡単にご紹介させていただきます。
  具体的なご相談は、こちらから承っております。離婚相談ご依頼及び報酬につい
  離婚全般の法律知識や、熟年離婚の現状などのご相談にのれます。
  離婚協議書作成も承っておりますが、熟年離婚の場合まずはご相談頂いた方がよいかと思います。l

  夫婦共有財産の算定
  熟年離婚において一番問題になるのは、「財産の問題」です。
  夫婦期間が長いほど夫婦共有財産も通常多くなります。
  離婚に際してはこの共有財産を分配する必要性があります。これは「財産分与の問題」です。
  不動産・動産・預金債権を把握して、一覧表などにすることをお勧めします。
  この一覧表は離婚協議書にも財産目録として添付する場合がございます。

  離婚後の生活計画
  「住居」の問題をお考え下さい。
  お子様と一緒に住もうとする場合は、お子様の家庭の事情もあります。
  新しい家をと考えますと、一般の賃貸物件場合、不動産会社から断られるケースもございます。
  また賃貸借物件の保証人を探すことにも苦労する場合もございます。
  これは離婚後の生活で問題となる一例です。
  離婚後の生活を十分計画した上で離婚をされることをお勧めします。

  離婚後の財産計画
  熟年離婚の場合、離婚後家計は支出ばかりが目立つ生活になります。
  もちろん年金は入ってきますが、離婚の際に支払われる財産分与・慰謝料も大切な生活資本です。
  離婚における財産給付は、一時的にせよまとまったお金を必要とする離婚後の生活では大事です。
  ですので離婚の際には、正当な主張をして財産給付を受ける必要性があります。
  なかなか言いづらい問題とは思いますが、客観的資料に基づいて相手を説得する必要性があります。

  離婚協議書作成
  離婚協議書を作成しないで離婚をされる方もいらっしゃいますがこれはお勧めできません。
  後にそのことが原因となって裁判などの紛争に発展することがあるからです。
  離婚条件は必ず書面化することをお勧めします。
  離婚協議書作成費用はかかりますが、紛争等に発展する可能性があるので必ず作成すべきと考えます。
  分ける財産がないというご夫婦も慰謝料の問題が発生する場合がありますので協議書は作成すべきです。
  


離婚相談・離婚協議書作成部門プロフィール離婚業務の報酬体系離婚統計情報離婚相談の目次ページ離婚リンク集
ご意見・ご感想サイトマップ|事務所関連サイト|介護タクシー行政書士山本直哉事務所